【Hatebu】マイクロソフトは「Windows Subsystem for Linux」を強化し、Windowsを「WindowsとLinuxのどちらのバイナリも開発、実行できるプラットフォーム」にするつもりだ - Publickey

[広告:写真集]

Virgin Shot! 染谷有香写真集 [ 西田幸樹 ]

価格:3,240円
(2018/3/11 15:09時点)

fleur 岡田茉奈写真集 [ 西田幸樹 ]

価格:3,240円
(2018/3/11 15:11時点)

[ マイクロソフトは「Windows Subsystem for Linux」を強化し、Windowsを「WindowsLinuxのどちらのバイナリも開発、実行できるプラットフォーム」にするつもりだ - Publickey] 仮想マシンを使わず、Windows 10でそのままLinuxバイナリが実行できる機能として「Bash on Windows」が発表されたのは1年前のマイクロソフトのイベント 「Build 2016」でした 。 Bash on Windowsでは、Bashシェルを実現するためにWindows 10上でなんのカスタマイズもされていない本物のUbuntuBashが実行されています。つまりWindows上で素のLinuxバイナリが実行されているのです。 このLinuxバイナリの実行を支えている仕組みのなかでもっ...
b.hatena.ne.jp/entry/www.publickey1.jp/blog/17/windows_subsystem_for_linuxwindowswindowslinux.html :

 

Linuxを使う人が増えてるから、windowsにとりこもうということだろうけど、逆にLinuxが増えるってだけのような。そもそも、windowsがウイルスに狙われやすいのがおかしいのと、ユーザーが必要としてない機能をOSに付け足したり、古いソフトが動かなくなったり、逆に不便すぎるのが原因だと思うのだけど。