読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案 (朝日新聞デジタル) - ニュース

[ 70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案 (朝日新聞デジタル) - ニュース] 70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチーム(座長・片山さつき政調会長代理)が13日、こんな提言の骨子案をまとめた。超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよう厚生労働省などに求めていく。 65歳以上とされている高齢者の定義を、日本老年学会などが「75歳以上」とすべきだとの提言をしたことなどを受けてまとめた。 骨子案では、65歳までを「完全現役」とし、定年を65歳に引き上げることを求めた。そして、定年から70...
b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000077-asahi-soci :

老人は、年齢で基準するのは不可能だと思う。勉強しかできない老人は、65歳で、もうボロボロヨロヨロだけど、職人男性なんて、80歳近くでも現役だしなぁ。あと、女性も年齢で基準化するのは難しい。男性よりは、幅は少ないけど。というわけで、年齢で基準化してしまうと、不一致な案件ばかりで、無駄になるだけだと思う。せめて、健康診断で、保護や負担のバランスを変えた方がいいと思う。