(はてぶ)家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由

[ 家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由] 献立の基本は一汁三菜。 私たちはあまりにも長いあいだ、この思い込みにとらわれてきたのではないだろうか? 土井善晴さんという料理研究家がいる。1957年、大阪府生まれ。「きょうの料理」「おかずのクッキング」といった人気料理番組のメイン講師を長年務める大ベテランだ。 その土井さんが「三菜じゃなくていい」「家で作る料理はおいしくなくもていい」と言う。なぜか? 作る人と食べる人、皆が幸せになれる家庭料理の在り方を丹念に検証した最新の著書『 一汁一菜でよいという提案 』について話を聞いた。 料理研究家 土井善晴さん...
b.hatena.ne.jp/entry/www.huffingtonpost.jp/2017/03/23/yoshiharu-doi-ichijyu-issai-2_n_15561352.html :

昔の食事がいいのは、昔の暮らしにあっていたから。昔の暮らしができない人が、昔の食事をしない方がいい。とくに、最近の日本人は、風呂に入りすぎだし、胃も炭酸を含む飲み物で、胃を乾燥させてるようなもの。そういう胃で、昔の食事はキツイと思う。食事は、フランス人を見習うのが一番かなぁ。