読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(はてぶ)疲れの原因は脳の疲労 ミトコンドリアが「さびる」|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

[ 疲れの原因は脳の疲労 ミトコンドリアが「さびる」|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE] 「体が疲れている」と感じていても、その疲れの正体は、実は「脳の疲れ」だという。仕事や運動などで疲労を感じるのは、自律神経の中枢と呼ばれる部分で、生体アラームとして疲労が体に現れる。どのようにケアすれば効率よく脳の疲れが取れるのか。最新情報を3回に分けて紹介する。まずは基礎知識について解説しよう。 ◇   ◇  デスクワークをすると目が疲れたり、肩が凝る。ジョギングやサイクリングをすれば足や腰の筋肉が痛くなる。実はどちらも「脳が、“これ以上仕事や運動などの作業を続けると体に害が及ぶ”という警報(生体アラーム...
b.hatena.ne.jp/entry/style.nikkei.com/article/DGXMZO13516680R00C17A3000000 :

ほとんどが、胃みたいだよ。胃は気分を支配しているから、胃がさっぱりするような飲み物でまぎらわせるんだけど、胃がさっぱりすると、胃酸の影響を受けやすくなって、さらに気分が悪くなるの悪循環。で、自律神経が乱れる。対策は、胃粘膜を保護する飲食をすること。つまり、バター、マーガリン、マヨネーズあたりを上手に食べる。飲み物なら、ストレートはさけて、ミルクを入れるか、乳化している油を食べるとかだよね。炭酸飲料は、ほどほどに。