読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(はてぶ)「これまでの記事を撤回したい…」沖縄で私はモノカキ廃業を覚悟した(中川 淳一郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

[ 「これまでの記事を撤回したい…」沖縄で私はモノカキ廃業を覚悟した(中川 淳一郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)] 「高江ヘリパッド工事反対運動」「大阪府警機動隊員による『土人』発言」「『ニュース女子』沖縄ヘイト番組騒動」「オスプレイ配備反対」「辺野古工事反対運動」などなど、昨今、沖縄を舞台・題材にし、リベラル派と右派の衝突が続いている。 なかでも『ニュース女子』(TOKYO MX)が1月2日に報じた沖縄基地問題に関する報道が波紋を広げている。 市民団体「のりこえねっと」が「日当」を支払って反対派を沖縄に送り込んでいる、といった報道を行った。番組中では、高江では工事反対派があまりにも危険なため取材陣がこれ以上は入れない...
b.hatena.ne.jp/entry/gendai.ismedia.jp/articles/-/51162 :

日本のネットの歴史は、ネットはネットだけのこと、そして現実から逃避して自分の失ってる感情を取り戻すところみたいにし続けてきたなか、ネットそのものが、現実そのものになっているのに、昔のままの人が多いんだよなぁ。とくに、古くからやってる人たちは。本当に、ネットの現実を知りたいな、半年でもいいから、ネットから跳ねれてみることだよなぁ。ネットなしの生活を経験していないと、自分がどれだけ現実離れしてるかわからない。どうしてもネットから離れられないなら、ネットに自分の現実を持ち込むことだよ。大変だよね。日本のネットの歴史がテキスト中心に動いていたから、自分の現実を持ち込むためには、動画ですべてをさらけ出すぐらいなことをしないと持ち込めないしね。ようは、どっちも大変なわけで、楽して、注目を集めるコツをとにかく捨てるしかないと思う。テキストだけっていうのが、とにかくダメなんだよね。