読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(はてぶ)「奨学金地獄」を救えるか 相次ぐ企業や行政の返済支援策 - Y a h o o !ニュース

[ 「奨学金地獄」を救えるか 相次ぐ企業や行政の返済支援策 - Y a h o o !ニュース] 大学や専門学校への進学を控え、いまの時期、多くの若者が「学費や生活費をどうするか」と思い悩んでいる。いつの間にか「奨学金の返済地獄」という言葉も耳にするようになった日本。そんな中、民間企業や自治体の間で、返済支援の制度を作ったり、返済不要の給付型奨学金を設けたりする動きが広がってきた。そうした動きの前線には、かつて自身が奨学金返済に苦労した人たちもいる。2017年春。新たな制度作りの現場に迫った。(Yahoo!ニュース編集部)
b.hatena.ne.jp/entry/news.yahoo.co.jp/feature/526 :

大卒の初任給が安すぎるのが根本的欠陥。あと、合理的な方法は、高卒で就職して、2年間働いて成人になったら、その企業が大学の勉強を必要だと思ったら、企業が負担して大学に通わせるというのがいい。ほとんどの企業って、大学の勉強は不要な感じがするんだけど、どうなの? とくに、インターネット企業は、大学で時間を無駄にする方がダメだし、どっちかというと、中学生の頃からプログラミングに夢中になってる人の方が、いい仕事をしそうだしなぁ。結局、日本の教育がダメなのは、建前ばかりで、本人の能力や希望を向上させていないところだよなぁ。

 

高校生のときに、受験勉強に苦しまず、思い切り青春をし、恋をし、勉強以外のことで、人生が豊かになる経験をした方がいいと思う。日本の若い人は、勉強の奴隷にされすぎだよ。