(はてぶ)宗教とメンヘラの関係性 信仰一世が見た伝統派キリスト教会について – メンヘラ.jp

[ 宗教とメンヘラの関係性 信仰一世が見た伝統派キリスト教会について – メンヘラ.jp] こんにちは。 メンヘラ.jpで何度か記事を掲載していただいている広尾蘭です。 本サイトに掲載された 「新興宗教の二世信徒として生きる苦しさ」 を読んで、筆を執らせていただきました。 実はわたしは、宗教一世です。 つまり自分の意志で宗教に入信したということです。 具体的には伝統系のキリスト教で洗礼を受け、現在進行系で教会に通っています。 洗礼を受け、クリスチャンになるということは、自分がメンヘラ(発達障害)でなければ、おそらくあり得なかったことでしょう。 いま話題になっている女優・清水富美加さんの出家は、二...
b.hatena.ne.jp/entry/menhera.jp/2108 :

宗教に依存したとしても、メンヘラをよくするのは自分自身にしかできないよね。宗教に良い悪いは判断できない。簡単に判断できるのは、献金と布教の二つの義務が重過ぎなければどこでもいいと思う。あと、日本人のメンヘラって、ただ、胃が荒れてるだけかもしれないよ。日本の食文化がもともと、なるべく生でとかストレートとかに食べる文化で、これだけでも胃が荒れるのに、さらに戦後、食料と酒と炭酸飲料とコーヒー緑茶が豊富になって、脳細胞の問題ではなく、胃細胞の問題かもしれない。だとしたら、宗教にいくらたよっても治らない。