読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米政権、北朝鮮への武力行使も選択肢に (ウォール・ストリート・ジャーナル) - Y a h o o !ニュース

米政権、北朝鮮への武力行使も選択肢に (ウォール・ストリート・ジャーナル) - Y a h o o !ニュース:北朝鮮による核兵器の脅威に対応するため、トランプ米政権が武力行使や政権転覆などの選択肢を検討していることが分かった。政権内部の対北朝鮮戦略の見直し作業に詳しい関係者が明らかにした。東アジアの同盟諸国を緊張させかねない動きだ。 ドナルド・トランプ米大統領はこれまで同盟諸国に対し、米国の数十年来のアジア政策を維持し、同地域で結ばれている合意を破棄することはないと伝え続けてきた。一方で北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射実験は阻止するとも明言しており、ここ2週間の戦略見直し作業を踏まえると、米国のアジア政策が大きく変わると見る向きもある。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00012193-wsj-int :

なんか、たいへんなことを。本当にするつもりなのか。短期間で決着できないと、韓国の被害がひどいことになるだけなんだけどな。ただ、朝鮮戦争のときとくらべて、北朝鮮側につく国はない可能性もあるからだろうけど。そうであっても大変だ。冬場の戦闘がきついのと、戦力優位な方が進軍しやすいから、国土がボロボロになってしまうはずで。あとは、北挑戦の核兵器が、日本まで巻き込む可能性もあるから、ほんと、作戦が難しいはずなんだけど。コワイね。