(はてぶ)喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」愛煙家・麻生氏発言:朝日新聞デジタル

[ 喫煙と肺がん「そんな関係あんの?」愛煙家・麻生氏発言:朝日新聞デジタル] 麻生太郎財務相は21日の衆院財務金融委員会で、喫煙者が減っていることについて触れるなかで、「肺がん(の患者数)は間違いなく増えた。たばこってそんな関係あんのって色んな人に聞くんです」と述べた。日本維新の会丸山穂高衆院議員の質問に答えた。 麻生氏は愛煙家として知られ、喫煙と肺がんの因果関係に疑問を示した形だ。さらに電子たばこについて「国会で吸えるよう提案してみてはどうか。イライラがずいぶん収まって、激論もちょっとは減るんじゃないか」とも語った。 国立がん研究センターなどの研究班によると、喫煙者が肺がんにな...
b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK2P5TR7K2PULFA023.html :

統計を神のように信じるってことは、テレビの視聴率が高い番組は、いい番組だと信じてるのと同じ。ま、政党の支持率だって、どんなに高くても、地方の選挙になるとまったくあてにならないのと同じともいえる。

 

喫煙は、ひとりだけで絶対にするということにして、トイレの個室なら喫煙できるようにした方がいい。トイレの煙草で火事になるリスクなんて、肺がんになるより低いはずだし。ダメなのは、喫煙室をつくって何人でも吸えるとか、飲食店でも、何人もいる一角でとか。

 

あと、アメリカなんか、たぶん、ひとりきりの空間なら、何をしても、罪に問われないようになってるかも。銃の所持だって、結局、ひとりきりの場でもっていることまで、罪に問えない現実があるからだと思うし。

 

とにかく、喫煙は、ひとりきりだけなら、どこでも吸っても良いという方が、現実的な解決方法だと思う。あと、肺がんになる人が減っても、他のガンや他のの病気になるんだから、もともと意味がない。他人からの煙草の煙だって、日本人が、集団で吸っていたというだけで、昔なんか、会社の仕事場が煙で見えないなんて、あったよ。映画だって、やたら吸っていて、びっくりするほど。それも、誰かと吸うってことばかりだし。