【なぜ?】Windows Vista / Windows Server 2008 にて Windows Update がなかなか終わらない事象について – Japan WSUS Support Team Blog

Windows Vista / Windows Server 2008 にて Windows Update がなかなか終わらない事象について – Japan WSUS Support Team Blog:みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。本記事では、Windows Vista / Windows Server 2008 から Windows Update サイトへアクセスした際に Windows Update がなかなか終わらないという問題についてご紹介します。Windows Vista / Windows Server 2008 にて Windows Update を実行すると、下記の「更新プログラムを確認しています…」の画面のままで、数時間経過しても検出が完了しないことがあります。

早く終わる更新ソフトを企業側がダウンロードできるようにすればいいだけなのに、なぜ、調べさせるのだろうか? ネットのエンジニアやサポートの特徴に、できることが前提で話していることが多い。簡単にできる方法を提示しないのが不思議。これは、どこもそう。道案内してほしい人に、地図をわたして後は自分でやれっていってるのと同じ。

 

あと、windowsは、自動更新をやめて、通知だけはするけど、ユーザーが自分でダウンロードして、更新プログラムを起動する方法にシステムを変えればいいのに。なぜ、ユーザーじゃない、企業側が更新権限を持てるようにしておいてあるのがなぞ。どっちかというと、ネットだけのOSをだして、これは、丸ごと変える以外できないっていうのにしてほしい。ネットをするときは、このOSで、日常業務は、従来のwindowsで切り替えて使う方がいい。業務で使ってPCが、ネットにつながってるのも異常。PCを使っている人は、昔は、プログラマーやエンジニアばかりだったころは、そうでもいいだろうけど、素人の使ってるPCは、そう、昔のファミコンみたいに、カセット入れて動かすが一番。