読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(はてぶ)JASRAC「金額の問題ならば交渉に応じる」 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

[ JASRAC「金額の問題ならば交渉に応じる」 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準] 日本音楽著作権協会JASRAC)が、2月2日に、楽器の演奏を教える民間の音楽教室から著作権使用料を徴収する方針(包括契約の場合、授業料収入の2.5%)を明らかにしたことが、波紋を呼んでいる。 JASRACは今のところ、2018年1月から徴収を始める考えを示しているが、楽器教室側は反発しており、「技術指導や教育目的で行う演奏で、使用料を払う理由はない」と徹底的に争う姿勢を見せている。業界大手のヤマハ音楽振興会河合楽器製作所などは、2月3日、JASRACの方針に反対する「音楽教育を守る会」を結成し、使用料...
b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/159017 :

丼請求丼支払いになるんだろうけど、それでも、事務経費とその人件費が嵩むだろうなぁ。あと、結局、授業料に上乗せされれば、生徒の数が減るだろうし、なんだかしらないけど、音楽産業を衰退させるためにやってるみたいだ。あと、個人レッスンって委託業務で、申告は、個人の指導している先生がすることって、放出されたらどうするんだろう。それでも、指導している教師の名簿を出せってなるのかな。どっちにしろ、これで、うまくいったら、こんどは、ネットがもっとしめつけられると思うよ。で、音楽産業が衰退。単独の音楽教室大企業が儲かってるならともかく、独立しあ企業体にできないのは、楽器と楽譜を売るのがメインであって、教室は損がでてる可能性だってあるよね。