【京都府立医科大付属病院と同大学@事件 】高山義友希(よしゆき)元被告(60)

京都府立医科大を家宅捜索 組長収容逃れに虚偽診断書か (朝日新聞デジタル) - Y a h o o !ニュース:恐喝罪で実刑確定後も持病を理由に服役していなかった暴力団組長の高山義友希(よしゆき)元被告(60)について、京都府警は14日午前、刑務所への収容を逃れる目的で虚偽の診断書などが作られた疑いがあるとして、診断書作成に関わった京都府立医科大付属病院と同大学=いずれも京都市上京区=を虚偽公文書作成などの疑いで家宅捜索を始めた。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000025-asahi-soci :

病院って、大きいところは大きくてもいいけど、開業医とかは、病院をつくらず、往診中心にすればいいのにとか思う。とにかく、結局、建物が大きくなればなるほど、経費がかかるわけで、で、経営が難しくなると、甘い誘惑に負けてしまうのかもね。