読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「食べない」人々――グルメ時代に抵抗感? - Y a h o o !ニュース

「食べない」人々――グルメ時代に抵抗感? - Y a h o o !ニュース:Facebookを開けば、子どものお弁当からお気に入りの酒の肴まで、料理の写真がずらりと並ぶ。全国各地では、ご当地食材の食フェスやB級グルメフェアが連日のように組まれている。この空前の「グルメ時代」に、「食べない」生活を選ぶ人たちがいる。なぜ、そんな価値観を選ぶのか。医師や栄養学の専門家はどう見ているのか。「食べない」人々を追った。
news.yahoo.co.jp/feature/508 :

たぶん、食べないようにしていると胃酸の量も減って、これで、胃が傷つかなくなることで、エネルギー効率が保たれるのだと思う。たくさん食べる人は、胃酸で過激に胃が溶かされるのを防ぐために、カラダは摂取した栄養で、胃を修復している。修復しきれないでいると、胃炎胃潰瘍がなくても、胃酸に対して不快に感じ、胃酸を薄めるために食べるみたいなことに陥っているはず。たぶん、冬眠して熊が生きられるのも、食べないことで胃酸がでなくなる、あと、動くと胃酸がでるから、眠っているようで起きた状態で静かに生きているんじゃないかな。

 

ま、胃酸過多の人が、突然、食べるのをやめたら失敗するに決まってる。胃は溶けるし、回復できないしで。簡単にマネできるようなものじゃないよね。ちなみに、野菜がいいからといって、たくさん食べると、これでも胃酸過多になるはず。そもそも、野菜は消化が悪いものばかりで、よっぽどよく噛まないと。