アバスト君さようなら 2017年02月10日 金

Avast 2017にしたら、ブロックされた。とりあえず、先に解決方法を書いておく。外国の掲示板でもあったけど。

 

アバスト本家から削除ツールをデスクトップにダウンロード。

 

再起動して、ロゴマークがでたらF8キーをトントンして、キーボードの↑↓キーで、セーフモードを選択。

 

アバスト本家の削除ツールを起動。

 

再起動。

 

新しいウイルスソフトを入れる。

 

これがどうも最短そうだね。使い続けたい人は、トラブルになる前なら、更新をしばらく見送って修正されるのを待った方が良さそう。ツイッターの検索とか、フリーソフトのニュースサイトで安全宣言を見つけた方がよいと思う。

 

ジブンは、VISTAを買ったときから、はじめからアバスト一本できた。便利な機能がつく度に、不満や不具合がでてなんとか調整できたのだけど。ひどいときは、システムが固まってしまったこと。これは、システムの復元をして古い状態のまま、ずっと使っていて、次の不具合がでたときにまとめて更新することで、なんとかなった。今回もそうやって使い続けようと思ったら、なんとまぁ、システムの復元に失敗。青ざめた。削除できなければ、買い替えかということも考えつつ。まずは、セーフモードで普通の方法で削除できるかとやったらうまくいかなかった。あせる。で、思いついたのは、セーフモードでシステムの復元すれば大丈夫だろうと、これがうまくいったんだよね。このまま、修正された更新が配布されるまで待っていることもできる状態にはなったけれどもだ。とにかく、高機能化される度に、不安とイライラがあるなら、別のソフトに乗り換え時だと思い、そのまま、普通の方法で削除に成功。さようなら、アバスト君だ。君の高機能にはずっと泣かされてきた。ジブンでつくった単純なバッチファイル、ただ、ファイル名を日付時間に変更したので、システム全体を固めたからね。今回は、アバスト君がアバスト君を固めてしまったのは、本当、困ったよ。こうなると、ウィルス発見もしなければ、自動更新も止まったまま。なにを考えてるのやら。せめて、人間が許可できるようにしておけばいいのに。もしかしたら、そうなっていたとしても、初めての更新じゃぁ、わからないよ。

 

新しいウイルスソフトは、Avira。なんとなく、評判は知っていて、アバスト君に不満がでたときは、必ず、このソフトのことを思い出していた。今回は、なるべく最低限のことさえしてもらえればいいと、ファイルサイズが小さい方をダウンロード。それを起動したら、自動で、システム全体のチェックに入ってしまい、これまた、どうやって途中でやめたらいいのかわからないので、最後まで終わるまで、結構、時間がかかった。ま、このぐらいはしょうがない。どっちにしても、全体チェックはしておいた方がいいのだから。動かしてみて、感想は、アバスト君よりWeb表示が速い。アバスト君は、しなくてもいいページもチェックしているのだけど、この機能がないから。あと、高機能じゃないから、システム全体でも早くなっているような感じもある。なので、変えてよかったと思う。もしかして、アバスト君がもっといい状態に成長していたら、また戻ることはあるだろうけど、もう、このスピードに慣れたら、戻れないよね。

 

そもそもは、ウィンドウズが悪い。ウイルスに弱いシステムだから。ウィンドウズの自動更新の機能があるから、ウィルスをつくる悪いひとたちは、そこに漬け込むわけでね。それでも、ほとんどのウィルスは、手動でダウンロードしたり、ファイルを開いたりして起きることの方がほとんど。自動ウィルスで本当に被害がでるとしたら、もう、世界中のPCが止まってしまうわけで、ただ、悪いひとたちは、だからこそ、そうなるように狙っているんだろうけど。もう、ネットするだけなら、ウィンドウズじゃなくてもいいと思う。安く済ませようと思ったら、中古のPCにリナックスをいれて、この方法がわからない人は、クロームブックでいいんだと思う。クロームブックも安いからね。知らない人は、安さにビックリするかも。スマホ並みという感じだと思う。ただ、スマホの場合、ゼロ円スマホみたいな商法で、価格を意識しないで済むようになってるだけで、ほとんどの人は、スマホでネットで十分みたいだし、クロームブックは、スマホが大きくなったようなもの。

 

アバスト君さようなら、また会う日がくるのだろうか?

 

 


ASUS 10.1型タッチ対応ノートPC「Chrome OS」 Chromebook Flip C100PA C100PA‐RK3288 シルバー(送料無料)