読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(はてぶ)「自業自得」の透析患者。どうやって線引きをするつもり? - NATROMの日記

[ 「自業自得」の透析患者。どうやって線引きをするつもり? - NATROMの日記] 私の外来に糖尿病コントロールのあまりよくないおっちゃんがいる。しばしば入院を勧めるのだが、多忙を理由にいつも拒否される。病気に理解がない上司がいるのか、職場を長期間休めないそうなのだ。急病で突然休まれるよりは予定入院で健康を保つほうが職場にとってもよいように思うのだが、仕事を休めず無理をする患者さんはけっこういらっしゃる。 おっちゃんは外来でも、診療時間ぎりぎりか、ときには診療時間が終了してから受診したりする。私だけでなく、看護師や検査技師や事務員の方々が残業することになりぶっちゃけたいへん迷惑である。建...
b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/NATROM/20170207%23p1 :

線引きできないことにぶつかって、残るは、医療費を安くする方向になるんだろうなぁ。パソコンだって、インターネットがなかったころは、一台50万円したりして、こんなに高いのに、どうしてインターネットが広まるのだろうと当時は自信がもてなかったけど、しっかりインターネットは広まったし、ネットだって、クロームブックでいいとなれば、3万円だよね。つまり、風邪、インフルエンザとか、軽い病気は、安くするってことだろうね。開業医院が安くなれば、ドラッグストアも安くなるし、そうなれば、自己責任でなんとかしようとなるし、そうなれば、自堕落な人がいなくなる。つまりね、高いからこそ、高い金を払ってるのだから、なんでも医者にやってもらおう、医者に甘えようというのが、人間のすることだよね。なので、実力がない医者の所得も当然下がるってことでもある。下がった分どうなるかというと、病院を開業するわけでもなく、大病院に勤務するのでなく、訪問診療を中心にして、ネットで相談したりしながら、昔の医者みたいに、自転車で内科業務をすることになって、あまりにもそれがかわいそうだからって、患者から愛されるようにもなるんだろうな。予言。