(はてぶ)介護福祉士、希望者が半減 受験資格に450時間の研修:朝日新聞デジタル

[ 介護福祉士、希望者が半減 受験資格に450時間の研修:朝日新聞デジタル] 介護福祉士の希望者が激減した。1月にあった介護福祉士の国家試験への受験申込者数は前年度から半数に。新たな受験資格に450時間の実務者研修が加わったことが主因とみられる。高い技術を求めて待遇改善につなげる狙いだが、慢性的な人材不足にあえぐ現場には不安も広がる。 介護福祉士の国家試験は年1回で、1月に筆記、3月に実技が行われる。受験申込者数は例年14万~16万人台で、2015年度は16万919人。ところが16年度は7万9113人と落ち込んだ。合格率は例年6割程度で、新しく資格を得る人も大きく減りそうだ。 16...
b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK2166R5K21UTFK01G.html :

愚かだよなぁ。保育士もそうだけど、特殊な職業にしたてて、それも勉強ができないといけないとまでしてしまった。必要最小限しかしなければ、こんなことにならなかったのにね。歴史を見てみればいい、介護も保育も、異常な存在でしかないよね。それと、本来は、ボランティアがする仕事だと思う、現代なら。