(はてぶ)音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

[ 音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル] ヤマハ河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。 著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。 音楽教室では、1人また...
b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK213QYXK21UCVL00P.html :

著作権者が望んでるのかなぁ? 日本はピンハネするところが酷すぎるよな。