(はてぶ)大航海時代の船乗りを震え上がらせた壊血病 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

[ 大航海時代の船乗りを震え上がらせた壊血病 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト] 壊血病にかかると、皮膚に潰瘍が発生し、歯茎は化膿し、古傷が開く。写真は、アフリカのジブチで病院に運ばれる壊血病患者。(PHOTOGRAPH BY AP) マゼランやクックといった航海者たちが世界の海を制した大航海時代。ヨーロッパに巨万の富と英知をもたらした一方で、多大な犠牲を強いられることにもなった。この時代、壊血病によって命を落とした船乗りの数は、米国の南北戦争で死んだ兵士の3倍以上に及んだという。(参考記事: 「コロンブスの町、崩壊の原因は壊血病か」 ) 体と精神の両方をむしばむこの恐ろしい病は、新鮮...
b.hatena.ne.jp/entry/natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011800016/

現代日本は、胃酸メンヘラだろうね。重曹か炭酸カルシウムだけで楽になるんはずなんだけどね。で、胃酸メンヘラを大漁製造しているのは、学校給食で、残さず食べるで、飲み込むくせがついてしまう。まずい食い物は、噛まないから。あと食事時間が短いのも。