「新宿セントラルクリニック」院長の男(69)性病と偽り薬代詐取 新宿の院長を強制捜査へ 警視庁 (産経新聞) - Y a h o o !ニュース

[ 性病と偽り薬代詐取 新宿の院長を強制捜査へ 警視庁 (産経新聞) - Y a h o o !ニュース] 患者が性病だったとする虚偽の診断結果を示し、不要な投薬を繰り返して薬代をだまし取ったとして、警視庁捜査2課が詐欺容疑で、東京都新宿区の「新宿セントラルクリニック」院長の男(69)の強制捜査に近く乗り出す方針を固めたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。医師の立場を悪用し、周囲に相談しづらい性病を偽装するなど悪質性が高いと判断。男は「同じ方法で数千人を診断した」と話しており、被害額は数千万円にのぼる可能性もある。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000076-san-soci

 

「新宿セントラルクリニック」院長の男(69)が、虚偽の診断で、不要な投薬していた詐欺容疑らしいですね。数千人に、被害額は数千万円ということは、一人一万円以上をということかしら。いったい、どういう薬をだしていたのでしょうか。副作用とかなかったのでしょうか。心配です。