(はてぶ)人手不足に疲弊、もう「外食・小売り」は限界だ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

[ 人手不足に疲弊、もう「外食・小売り」は限界だ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準] 牛丼チェーンのすき家には、年末年始に多くの客が押し寄せた。変則営業の飲食店が多い中、24時間営業を貫いたからだ。その間は通常の時給に100〜400円を上乗せして、何とか人手を集めた。 3大都市圏のアルバイト・パート募集時の平均時給は、1000円を突破(2016年11月時点)。求人情報大手のリクルートジョブズが2006年に調査を開始して以来、初の大台に乗った。 生産年齢人口が減少の一途をたどる中、景気もリーマンショック後の最悪期を脱し、労働市場は逼迫。特に労働力をパートやアルバイトに頼る外食・小売業界の人手...
b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/153596

 

安売りで、たくさん売らないとならないのが原因だね。ただ、高くすると買えないわけだし、どうにもならないよね。大株主と大企業の社員だけが得しているだけだから、いつまでたっても、よくはならないと思う。