東京でもすでに住宅の11%が空き家になっています

空き家問題放置の一方で建設ラッシュ。歪な住宅政策が招く資産崩壊 (HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース

「空き家が増えているのは、過疎化の激しい地方だけではありません。東京でもすでに住宅の11%が空き家になっています」


ここらを歩いていて自分の目で、かなり見て回っている。空き家も多いし、空き部屋もある。古い家を壊して新しくするところが多くなってるのもわかる。問題になりそうなのは、もとの土地に住んでいた人の数より、多くなるように建て替えられて、賃貸になったり戸建てとして販売される。人口が増えてるわけでないから、これからはどんどん、空き家が増えていくということだ。ただ、古い空き家は減ってはいくのだろうけど。とにかく、空き家は空き家であって、使われてない住宅は、ただの無駄使いになって、日本経済を圧迫していくはず。一番見ていて、頭が痛いのは、企業や役所とかの団地だ。高度経済成長してたころに、持ち家を個人がもつのが難しかったときに、賃貸を借りるよりよいと造られたのだろうけど、職員用住宅の開きはかなりひどいようだ。で、売るなり壊すなりするなら、まだしも、お金をかけて維持しているように見えるところが、どれだけ経費として使って、つまり、経費だから利益を削ってるわけで、その分税金が納められていないだろうし、あるいは、商品の方の価格に入っているかと思うと腹がたっても断ち切れないほどガッカリしてしまう、そういう団地や社員寮とか見ると。まぁ、普通の賃貸も開いたままだし、ネットの賃貸情報ページでチェックしていても、相場通りに決まるわけでない。なのに、反面、あっという間に決まる物件があると、結局は、不動産屋しだいなんだろうという気もして、なんかなんともいえない後味の悪さまでしてくる具合だ。結局は、解決する方法がないから、不動産を所有している人たちが、まず痛い目にあって、それが国全体に響くようになる日が必ず来るということになりう。とくに心配なのは、もともと先祖代々と所有している大地主みたいな不動産所有者は、手放すだけですむけど、ローンを組んでやっと一つ我が家を手に入れた人たちが、返済にいきずまって、売ったら、借金が残ってしまうとか、売らずに担保として、銀行から取られたとして、銀行がその物件を売っても、ローンで得た利益がほとんど食われてしまったら、銀行もたいへんなことになるわけで。だからといって、政府が、不動産相場を下げないように市場操作したなら、賃貸に住む人もマイホームを買う人も、苦しむだけだし。もう、地獄しか見えない感じがするのが、なんとも気分を暗くする。なので、空き家が問題なんじゃなくて、いい加減、新しい家やビルを建てるのは規制するしかないんだと思う。それと、もっと不快なのは、街の美しさとか一切関係なくやってきた都市計画のなさをなんとかしてほしいものだ。まずは、都市計画がない建築は規制するしかないんだと思う。やっぱり、無理だよなぁ。やっぱり、もう、大企業の本社移転をして、本社の回りに職員が住むような都市計画ができる政治家がでてくれるのを祈るしかないのかも、とほほ。