宝塚はインターネット検索の宝塚そのものの

 グーグルで検索すると、たいてい専門性の高い情報が表示されるようになっている。とくに、プロの書いた情報ほど上位にきている感じが強くなった。長期的利用に適しているともいえるし、ある意味、百科事典であり、さらに専門的な知識に接続しやすくなっているといってもいいのだろう。反面、一個人、一市民の声のような情報は探しずらい。あと、不確かな情報なんだけど、大発見になるとか、発想の転換につながるようなヒラメキ系なのは少ないよな。無駄な情報がないように徹底しているのだろうけど、徹底しすぎていて、一回しかクリックしないのなら、それでもいいのだけど、いくつもクリックしてみて、どれも似ていたりすると、逆に無駄な時間ばかりにってしまうんだよなぁ。
 ツイッターなら、グーグルの検索とはまったく違って、一個人、一市民の情報が多くある。ほとんどが、告知的なものだし、似ている情報が大量にでてきて、同じことの繰り返しをみせられてるだけで、どうにもこうにも、役に他立たないんだよね。ツイッターが非常に役立つのは、非常時その時なんだよなぁ。地震があったとか、事件があったとか、ウィルスソフトのせいで、ページが見れなくなったとか、こういう時は、まずは、非常時の現実を確認できることは確か。ただ、その後は、グーグルとか、ラジオとかで確認するという流れなんだけどね。
 つまり、自分にとって、不満の方が多いわけで、なんとかならないものかと思いつつ、宝塚ファンの人はどういう風に情報を得ているのかと探し出したら、なんとかたどり着いた。宝塚ファンの人は、ファン同士の声をネットで探しているらしく、とくに、演劇の公演というのは、毎日、少しずつ違うところがあるわけで、たぶん、この違いを知りたくてネットで調べるんだと思う。演劇というのは、ハプニングもつきものだし、やっぱり、公演中は、毎日の様子を知りたくなるのもよくわかる。ま、検索とかではなくて、昔のパソコン通信のフォーラムのようなところに、情報が集まってくるのが一番なんだとは思う。パソコン通信の頃は、プロのような専門家が書くということはなくて、ホント、観客個人が、見てきたままをそのままに書いいただろうし、そういう意味では利用しやすいと思う。ただ、インターネットは、無料参加広告表示のマネタイズしてあるから、もし、ちょっとでも人気がでると、邪魔して遊ぶ人とか混ざってきてしまって、居心地が悪くなるばかりだよね。そういう意味で新しく求められてるのは、たぶん、有料参加の一個人の声が集まってきたり、ネットの全体から情報のまとめをしてリアルタイムで知らせてくれるサービスなんだと思うんだよなぁ。なんか、2ちゃんねるが、未来がないみたいなことを言う人もいるみたいだけど、いっそのこと有料参加で、特別会員だけが、ネットでまとめて情報を流せるようにして、あとは、クローズドが基本にすればいいんじゃないかなぁ。投稿も自由にできるところもあるけど、スレッドをたてた人が承認しないと表示されないを基本にしたりして。
 とにかく、今の日本のネットは、重複情報が多すぎなので、宝塚ファンの人のネット利用を参考にして、新しい情報参加サービスをつくれかなんだとは思うよね。




【1】TAKARAZUKA_SKY_STAGE_「Brilliant_Dreams+NEXT_VOL.3_朝夏まなと」_DVD




検索結果 50件中 [ 朝夏まなと ]


TAKARAZUKA SKY STAGE 「Brilliant Dreams+NEXT VOL.3 朝夏まなと」 DVD 1



【1】月組シアター・ドラマシティ公演_ドラマティック・ドリーム『DRAGON_NIGHT!!』_DVD




検索結果 86件中 [ 龍真咲 ]


月組シアター・ドラマシティ公演 ドラマティック・ドリーム『DRAGON NIGHT!!』 DVD 1