「南向き信仰」崩壊は、よくわかるね。

<超高層マンション>「南向き信仰崩壊」で「北向き」人気 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
初期の超高層マンションから最新超高層マンションに住み替える人たちの間で、史上初めてとも言える革命的な出来事が起きている。それは、住宅の「南向き信仰」崩壊だ。



 うちは、古い木造なので、壁に断熱材が入っていない。夏場、太陽の角度で日中は部屋の中に陽射しは入ってこない。暑いことは暑いけど、夕暮れとともに、すぐに建物全体が冷える。朝方になればなるほど、どんどん下がる。だから、よく眠れるので暮らしやすい。冬は、陽射しが入っていたときは日中は南向きの部屋は快適だった。今は前に家が建ってしまって、陽射しが入らない。寒いことは寒いけど、厚着さえしてしまえばなんとかなる。
 新しい木造の家に上がったとき、冬場、断熱材が入っていて温かいのをうらやましく感じたけど、夏場はつらそうだ。窓を開けても暑さはとれず、結局、エアコンを入れ続けないといられないようだ。とくに、日中我慢してエアコンをつけなければ、建物全体が熱が篭って保温されてしまうのだから、夜ほどエアコンが必要って感じになってるはず。当然、マンションなら、もっとキツイだろうな。冬は暖かいけど、夏は、熱が篭ってしまったら、そう簡単には室温が下がらないと思う。ただし、24時間エアコンをつければ、そう、部屋そのものが冷蔵庫みたいに温度管理すればいいだけで、昨年知ったのだけど、低い温度にしておけば、意外と電気代がかからないらしい。ただ、カラダにはよくないと思うけど、どうなんだろう.
 外を歩いていても、面白いのは、新築の賃貸アパートは、南向きを避けているのがほとんどだよね。たぶん、断熱材を使うようになって、借主が夏の暑さででていって、わざわざ古いアパートにでも引っ越したりすることがあったんじゃないかと想像する。だから、かなり早いうちから南向きにはこだわらず、洗濯物も室内で干せる工夫、浴室乾燥とかあるんだと思う。蒲団だって、干さなくても、蒲団乾燥機でも乾燥するし、電気式毛布でも湿度を飛ばせたりするからね。結局は、断熱材の威力だよね。
 マンションになると、高層マンションで、夏場、風もなかったりすると、下の階からの熱も上に上がってくるだろうし、ニュースにも書いてあったけど、エアコンが効かなかったりして、大変だろうなぁ。エアコンを24時間動かして、省エネ設計されていればいいんだろうけど、日本人、妙なところがケチだから、エアコンを自分で切ったりつけたりしたがるわけで、そうなると、いったん室温が上がったら、そう簡単には下がらないと思う。当然、寝苦しくなって、よく眠れなければ、イライラがたまっていくよね。そもそも、高層マンションに住んで暮らすってのが間違いなんだとは思うな。タワーマンションが買えるなら、都心から少し離れたところに一戸建てを、自分の思うままに設計して、室温調整とかもできるわけだし。で、必要なときは、都心のホテルとか安く寝る場所を確保しておけばいいと思うんだよなぁ。ヨーロッパだって、避暑にでかけるのは、住んでるところが石造りで夏場暑いから、石造りじゃなくて、風通しがいい家で夏の間は暮らすってことにしているんだろうし、結局は、日本人の住まいは一つ、守るべき城みたいな感覚が悪いんだと思う。なにせ、あくまで高層マンションに引っ越して、北向きに住んでしまうぐらいだから。
 あと、夏、暑くなるのは、やっぱり風呂の入りすぎなんだと思う。毛穴までしっかり洗ってしまうと、余計に皮脂がでて、薄着でほこりとかがカラダにつくと毛穴をふさいでいるんだと思う。そうなれば、涼しいところでも暑くなるはずで。風呂のでたての夏場の気持ちよさはわからないでもないけど、その分、日中は、余計暑くなってるはず。ということで、結局、生活様式の変化が、なんか無理があって、その上、ぜんぜん考えないから、適応に余計に時間がかかってるだけなんだろうなぁ。少しは、昔を見習ってもいいのかも。ほんと、よくできている。例えば、南向きの部屋の前には、落葉樹を植えておいて夏場は日陰をつくって、冬場は葉がおちて陽射しが入るように庭がつくってあるとか。お金持ちなら、なにも高層マンションで苦労することないのになぁ・・・。