オリジナリティーがあればパクってよし?

 パクるのは悪いことだみたいなことで、ただ便乗しかしていないのに、つまり便乗しかしていないというのはオリジナリティーがないのに、ただ読者を煽って人気をえようとしているのは、キモいよなぁ。オリジナリティーがあれば、パクってもよし、パクってなくてもよしなのにね。
 だいたい、日本の受験エリートなんて、人の生き方をパクってるだけで、ただお金になればそれでいいって、悲しい人生をしていることが日本の価値感になっているのがどうかしている。そして、そういう人間がクローン人間だったりして、無個性で生活しなければならい、長い人生のうちに完全に無個性になってしまうのが恐ろしいね。で、やることなすこと、便乗ですます。そういうクローン人間化している日本は、もし、オリジナリティがあること自体が問題になるのであって、オリジナリティを批判するのではなく、パクっただろって批判して、オリジナリティは見ないようにするのか、オリジナリティは残部同じに見える異文化として拒否してるのかしらないけど、随分おかしな人が、ネットには特に多い。個性を評価しない、無個性の人って、ほんと、魂を悪魔に売ったんじゃないかと思う。
 もっと気持ち悪いのは、マニアックな情報を共有して、その情報と違うというだけで、追求することが生甲斐の人だよな。自分とは無関係であっても、容赦がない。一人で批判するのら、その人の個性だと評価することもできるけど、いつのまにか仲間ができあがって、その仲間にウケるように、究極のマニアックな批判を披露しつつ、その対象からの反論も逆手にとってみせて盛り上がるというのがね。個性がないマニアというのは、個性がないことがたぶんプライドなんだろうなぁ。
 結局、オリジナリティというのは、ありふれた自分自身のそのままの中にあるわkで、つまり日本人が、子供のうちから、自分らしさを否定されて、大人になっても自分らしさより、仲間との同調がすべてという環境で、どうかしてしまってるんだろうなぁ。でなければ、まったく無関係な人の個性で批判精神とか、わかないでしょ。そういう仲間との同調が、結局は、お互いで便乗するための情報を求めたり、発信したりするのが日本のネットだったとしたら、気がついたときは、自分の人生は、自己否定しかしてなかった気がついて地獄だろうな。より自分らしくあろうとすればいいだけなのになぁ。気がつかないだろうな、ネットをしていたら。
 ネットって、楽しくはまってもいいけど、ある時期、一年以上とかつなげないで生活を経験しておく方がいいと思う。あと、日頃から、ネットの仲間みたいな幻想を断ち切るために、一週間は離れるとかした方がいいよなぁ。結局、人間は、朱に交われば紅くなるようになってるから。だから、しょうがないといえばしょうがないんだけど、それが、自分を苦しめてるだけのことに、気がつく人は・・・・