ブラックすぎる金融政策なんじゃないの? 国民は得しそうもないから。

マイナス金利、個人預金はならない=日銀総裁 (ロイター) - Yahoo!ニュース
黒田総裁は今後、マイナス金利幅をさらに拡大する可能性について、経済情勢次第としながらも、「その可能性も当然否定しない」と明言。日銀が掲げる2%の物価安定目標の実現に必要となれば、「躊躇なく量・質・金利という3次元の追加緩和手段を駆使し、目標達成に全力をあげることを誓う」と語った。


 無駄なのになぁ。日本の経済問題は、ローリク・ハイリターンの経営者や役人がいるから、グローバル経済のハイリスク・ハイリターンに負けてることで起きてるのであって、今さら、金融テクニックで、ローリク・ハイリターンを守っても、結局、負けるのがわかっていて戦ってるのと同じ。やっても無駄なら、押してダメなら引いてみなじゃないけど、日本も金利を上げて、資本を本来の価値まで引き下げて、そこから企業に頑張らせて、能力のない経営者や役人がビジネスの現場から退場しなければならないようにした方がいいのに。
 マイナス金利が、個人には関係ないみたいなウソもやめてもらいたいよね。個人の預金自体は、マイナスになるようにならないのは、預金が保護されてるからと、保護されてない範囲でやったら、取り付け騒ぎにまで発展するでしょ。騒ぎにならなくても、たんす預金が増えるだけ。そうしたら、銀行だって困るはずなんだけど。あと、痛いのは、住宅ローンの金利が下がって、不動産ビジネスが活況になるからいいなんてことは、もうない。ローン負担が安くなっても、新築物件の相場は下がらないし、下がらないのに買うというのは実質負担増。最悪は、ローン返済できない人も借り出してしまって、不良債権になれば、これも銀行は困るはず。
 ようは、もう、ローリスクなビジネスがないのだから、ハイリスクを結局国民に背負わせてるだけど、その国民自体、背負いきれないのは、収入が増えない、預金も増えない、株への投資はハイリスクでできないとか、もう、打つ手がないのが国民の現況。
 株への投資も日本の場合、企業自体が成長してないか、株価が上がるのは、風評だけであがってるようなもので実績に対してでないのだから、上がっても実績がでないなら当然下がる、そういうときの下がり方は、ガッカリ感と嫌気でぐっと下がる。下がってしまったら、持ち続けてる人にはただの負担にしかならない。また上がりだすためにも、営業実績を上げなければならいわけで、上げられない経営者しかいないわけだし。
 今、日銀に必要なのは、ギブアップして、金融政策を決定しているメンバー全員が変ることだよね。それと、人材を広く求めるのではなくて、ハイリスク・ハイリターンを可能にできる人材を探すことだよ。そして、実績をだせれば、日銀を辞めた後も自力で高報酬が得られる人材を発掘することだよね。とにかく、悪い結果をだしたら、退場してもらわないと!