バレンタインの四段論法【Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 24本セット】

 チョコレートは甘い。甘さの中にほろ苦さもある。大福などの和菓子とはまったく違う甘さだ。和菓子の方は隠し味に塩がどのように入っているかで決まるけど、チョコレートは違う。チョコレートの甘さは、エスプレッソにいかにあうかみたいなところが、甘さに価値がでてくるんだと思う。それは、ほろ苦さとのと調和からくる快感というか、官能的な喜びというか、チョコレート文化がヨーロッパから始まったように、日本人にとっては、ある意味憧れをも示しているはず。
 甘いは恋。恋は甘いかというと、間違いなく甘い。せつない片想いが終って、恋のかなったときにある、あの興奮の後は、一日中甘くて、また食べたくなるような本能の奥底からつきあげてくる感覚が恋の甘さだ。そして、いすれ興奮と感動が冷めるときは来るもので、熱い恋であるほど恋の終りも早い。こういう、終わった後のせつなさがあるから、恋を繰りかえすのが若さであり美しさなんだろうね。
 恋はバレンタイン。片想いのままで終らせない知恵がバレンタインにはある。意思表示することで、すべて思うがままにはならないのは誰もが経験する。それでも、伝えるのが恋。チョコレートに気持ちをこめておけば、それでいい。恋多き二人なら、チョコレートを渡した瞬間にすべてがわかり、答えがイエスなら、もう、その日に、あの興奮をわかちあうことだろう。そして、二人は知っている。いつか終わることを。そして、いい思い出にするためにも、恋をよりよくするために奉仕するのだ。
 バレンタインは高貴。世の中には義理チョコというのもあるけど、あれは、高貴な恋を大切にするために配っているもの。二人の間を邪魔しないでねという義理を通しているのだ。それだけ高貴にするためにも、バレンタインチョコレートは高貴なものを選びたい。後悔がないように。そして、一番重要なのは、求めてる恋にふさわしいものか味見しておくのも大切な作法。自分で自分の気持ちを盛り上げ、そして、高貴な恋をつかむための一歩のため、勇気のために、チョコレートを食べてみるのだ。



【1】Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 24本セット




【2】ゴディバ (GODIVA) クープダムール キープセイク 5粒




【3】ゴディバ (GODIVA) ゴールドコレクション 12粒




【4】リンツ リンドール アソートチョコレート 50個入×2セット




ゴディバ (GODIVA) ゴールドコレクション 12粒