小麦粉料理に中濃ソースをたっぷりかけて、ご飯は、うまいな!

 小麦粉を100グラムほど、少なめにタマネギを刻んだのと、薄い叉焼を一枚で、お好み焼き。ほとんどが小麦粉なんだけど、これに中濃ソースをたっぷりかけて、おかずにすると美味かった。青海苔とかカツブシをかけても良さそうだよなぁ。さりげなく塩昆布が混ざってるとかも良さそう。とにかく、メインが小麦粉。
 そうそう、小麦粉をメインのおかずにするってのは、あまり聞いたことがない。小麦粉は、粉モノとか呼んで親しまれてるし、パンだって美味しいものもいっぱいある。もしかしたら、日本人で健康な人は、米より小麦粉、肉より小麦粉にしている人だったりするんじゃないかなぁ。ビールだって、麦だし。実は、日本人は麦好きなはず。
 やっぱり、「貧乏人は麦を食え」で、イメージが悪いのかなぁ? 小麦粉はすごく安いのも嫌なのかなぁ。家で、パンを作らないなら、小麦粉1キログラムって、なかなか減らないはず。天ぷらやフライぐらいだろうし。ま、人によってはうどんを作る人もいるし、スイトンもあるけど。戦争世代の人にとって、戦後食べた、スイトンが悪いイメージとして広まってるのかもしれない。クッキーだて、ケーキだって、小麦粉。まぁ、砂糖が多すぎるのがちょっとだけど、結局、身近に小麦粉はあふれかえっている。なのに、小麦粉料理が家庭料理でないのは不思議だよなぁ。
 そうだ、たこ焼きなんかも、最近はたこが大きくなってるけど、本来は、やっぱり小麦粉を食べるためにあるんだと思う。そう思えば、家庭でたこ焼きをつくるのはいいのにね。でも、たこを大きく入れてしまったら、小麦粉の分量が減るよね。家庭用のタコ焼き機で、タコじゃなくて、鮭とか塩魚を少量にして、たくさんつくって冷凍しておくってのはどうだろう。
 あるいは、米には炊飯器があるから、パンみたいにふっくらしてなくて、歯ごたえがある料理をつくる電気製品とかは、まさにイノベーションだよね。場合によっては、世界でも売れると思う。ただ、具体的なアイデアはないなぁ。そもそも料理そのものがないから。とにかく、ご飯ぐらい手軽につくれないとダメだししなぁ。そういう意味では、パスタは優秀だよなぁ。茹でるだけで、みごとな小麦粉料理になるわけだから。なんかないかなぁ?
 もう一つは、小麦粉健康法だな。食べ方なんだと思うけど、もっと積極的に、肉や魚や大豆のかわりに食べてもいいはずで、そういう研究はないのかなぁ。小麦粉そのものの研究とかされてないのかなぁ。ホント、小麦粉って身近すぎて、実は大切にしてないよね。




【1】イワタニ カセットグリルたこ焼器 炎たこ 20穴 【レシピ・竹串5本付き】 CB-TK-A




【2】山善(YAMAZEN) たこ焼き機(着脱プレート式) SOPX-1180(R) レッド




イワタニ カセットグリルたこ焼器 炎たこ 20穴 【レシピ・竹串5本付き】 CB-TK-A