ダイエットの基本はほうじ茶からだよね! 【伊藤園 おーいお茶 絶品ほうじ茶】

セキュリティソフトをバージョンアップしたら早くなったみたいだ。さて、ほうじ茶について書く。思い出は、学生のとき、昼食が弁当で、学校はほうじ茶を出してくれていた。大きな薬缶で煮出してあって、全校生徒の分をつくっていた用務員さんたちは大変だったとは思う。たぶん、この時に味を覚えこんだだと思う。当時は美味しいと感じたことはなかった。お小遣いがある生徒は売店で飲み物を買うとかしていたみたいだけど、まぁ、多くの生徒は水よりましだと飲んでいた。ただ、この後、飲み物が、コーヒーや緑茶に変っていくのだけど、結局、カフェインが強いのにひきこまれていった。で、体調も悪くなっていく。微妙にというやつだ。カフェインがすべて悪いわけではないけど、若いからね、刺激の強い方になってしまっていた。体調が悪いままというのも困っていたから、結局、カフェインを減らしていくことになる。きっかけは、禅寺の修行僧が朝食の後に、たしかほうじ茶を飲んでいたことを知っていたのと、自分の学生の頃を思い出したからだ。もう一つあって、たまたま知り合ったおばぁさんが緑茶好きで、会うと緑茶をどんどん飲まされて、翌日、喘息になってしまって、はっきり、緑茶はヤバイってなったわけ。緑茶を飲まないなら、ほうじ茶ということで。で、ほうじ茶を調べていたら、特徴がカフェインが少ないこと。で、コーヒー好きだったので、家ではほとんど飲まなくなったけど、外で飲むとしたらエスプレッソをよく飲んでいて、エスプレッソもカフェインが少なくしてあるわけで。ま、家で飲むなら、安いほうじ茶で充分ってことになっている。